英語が苦手でも問題なくアメリカ旅行ができたのは旅行ガイドのお陰

アメリカには旅行に行きたいと思っていましたが、英語がほとんど話せないので心配になっていました。しかし、英語の旅行ガイドを手に入れて旅行に行ったところ、英語が話せなく苦労するということもあまりなく、楽しい旅行をすることができたことがあります。

アメリカ旅行で大きかった英語力不足の問題を解決する旅行ガイド

私は学生の頃からアメリカ旅行に行きたいと考えていたのですが、結局実現できたのは社会人3年目になってからで、英語が苦手で話すことはほとんどできず、読むのも覚束ないという状況で躊躇してしまっていたのです。社会人になって英語を使う機会が増えたわけでもなく、そのままずっとアメリカには行けないだろうと思っていました。しかし、同僚にその話をしてみたところ、英語の旅行ガイドを持っていけば大丈夫という話をしてもらうことができたのです。そのときの同僚の話に納得して、早速書店に行って旅行ガイドを購入し、アメリカ旅行に行く計画を立てました。行きたかった場所を周遊する計画を立てたほどに張り切っていたのを覚えています。

英語がとても苦手な状況で英語の旅行ガイドを活用した方法とは

私が購入した英語の旅行ガイドは日本語付きのものでした。同僚が勧めてくれたのは英語と日本語の両方で現地のガイドをしてくれている旅行ガイドだったからです。これはアメリカの空港に到着した時点から役に立ちました。看板に書いてある内容が全くわからなかったのですが、旅行ガイドを見ると日英で対照して書いてあるので意味を理解できたのです。その後に荷物を受け取ってバスに乗り、ホテルに到着するまで旅行ガイドを片手に表示を見ていれば何も問題は発生しませんでした。そして、ホテルでもフロントには予約票を渡すだけで部屋に案内してもらうことができました。ホテルマンが言っていることは十分に理解することはできなかったものの、特に問題はありませんでした。

現地で会話をするときにもとても役に立った英語の旅行ガイド

観光をするために街中に繰り出していったときにも旅行ガイドを片手に持っていれば看板などに書いてある内容がわかるので旅行に差し支えることはありませんでした。日本語と英語の両方で解説されているというのが重要で、同じアルファベットの文字列をガイドブックの中で見つけてしまえば内容を理解するのは簡単だったのです。この旅行ガイドは現地でショッピングをしたり、道を聞いたりするのにも役立ちました。自分では喋れなくても旅行ガイドを見せて指差しをすれば値段がいくらかと聞いたり、行きたい場所がどこかを相手に伝えたりすることができたからです。お陰で一週間のアメリカ滞在を有意義に過ごすことができて満足しました。