個人の海外旅行で旅行ガイドを依頼する

個人の海外旅行で旅行ガイドを依頼するのでしたら、信頼をできるルートでの依頼をする必要があります。英語と日本語の両方を、さくさくと話せるガイドを依頼して、楽しい海外への旅にすることです。ガイドの費用を安くしたい気持ちは、日本人なら誰でもあるでしょう。しかし平和大国である日本と、常に犯罪と隣り合わせの日本では、全く訳が違います。費用が安すぎるガイドを紹介してくれるシステムなどは、魅力を感じるかも知れないですが、余りにも費用が安いと、内容や人に関しても比例をする可能性が急激に上がるので、安いことだけにとらわれないようにしましょう。

日本はとても平和な国であるために、日本人は海外でも人をすぐに信じてしまう傾向があります。しかし海外で暮らす人たちは、常に危機管理能力を高く持って生活をしています。海外では日本のように、笑顔で感じよくニコニコするようなサービスは、ほとんどないのが普通です。日本ではお店やあらゆる施設で店員やスタッフに笑顔がなかったり、少しでも感じが良くないと思うと、すぐにクレームを出すでしょう。しかし海外では全く逆です。客よりも店員やスタッフの方が上という、日本では考えられないことが普通なのです。

お店に入っても店員が慌てて来てくれることはないですし、商品が壊れていても、それはスタッフのせいではないので謝りません。高級ブランドショップに入っても、笑顔で出てくるスタッフはいませんし、それが東洋人なら更に上から下まで舐めるようにジロジロ見られる始末です。でも高級品をたくさん購入したりすると、店員の態度はあからさまに変わります。海外で感じの良さや親切なサービスを求めるのは無理ですが、お金を出せば感じが良くなることはあります。

日本の常識は海外の常識ではなく、日本では些細なことでスタッフや店にクレームをつけていても、海外では全く問題ないことのほうが多いです。それどころか、いちいち態度の悪さに苛立っていたら、冷静に過ごすことができません。海外では店員たちの態度の悪さに苛立つよりも、自分の身を守ることに意識を向けないとならないのです。

日本にいると全く意識はしないでしょうが、海外ではスリは日常茶飯事にそこらへんにいます。地下鉄などはまさに宝庫であり、大人のスリだけではなく、ジプシーの子供のスリの集団もいますし、女性でも妊婦でもスリはいます。海外では常に周りを意識して過ごし、緊張感を持つ必要があります。

投稿日:

英語が堪能な旅行ガイドの探し方

英語が堪能な旅行ガイドの探し方は、外国人旅行者向けの観光ガイドサービスを利用することです。信用できない、知らないようなサイトにアクセスをして、すごく安い費用で旅行ガイドを個人で契約できるという、甘い誘惑には惑わされないことです。今ではネットがあるので、自由に世界の人ともつながることができます。それは素晴らしいことですが、ネット上でのコミュニケーションと、実際に会ってみた時の印象が違うことはよくあります。

ネット上の人格と言われるものがあるように、ネットではいくらでも良い印象を与えることができますが、本当のところはわかりません。だからネットで個人でガイドをするという人を、安易には信用してはならないのです。日本は余りにも守られていますので、人を信じやすい国民性もあります。しかし狭い日本を一歩出たらそこは海外であり、海外では日本のように常に信頼がもてる、サービスや環境が整っているわけではありません。

基本的には海外に行ったら、自分の身は自分で守りきらなくてはなりません。日本では一歩外に出たら、いきなり訴えられるようなトラブルになることは、まずない話でしょう。しかし海外では旅行であったとしても、訴えられるようなトラブルに遭遇をする確率は、かなり高くなります。海外では簡単に謝ることをしないのは、すぐに訴えられるというのが常識だからです。だからどの家庭にも、だいたいお抱え弁護士がいるので、何かあったら弁護士に相談をします。

日本では弁護士に相談をすること自体、一生のうちであるかどうかでしょう。でも海外では常にお世話になるものであり、外を歩くだけでも緊張感を外すことはできません。日本のようにスマートフォンを見ながら海外を歩きますと、高確率でスマートフォンは盗まれることになるでしょう。こっそりと盗むケースもあれば、堂々とバイクなどで温むパターンもあります。

バッグからお金を盗むのは得意なスリが多く、全く気がつかないうちに、チャックのしまったバッグからお財布を盗みます。数人のスリグループでのプレーは見事なものであり、とくに日本人は最高に良いカモになります。罰部のチャックは抑えるようにして、地下鉄に乗る時には抱えて持って歩くくらいではないと、日本人なら確実にスリのターゲットになるので要注意です。

海外は危険なこともありますが、楽しいことも多いですので、良い旅行ガイドを見つけて素敵な旅にすることです。”

投稿日:

覚えておきたい!旅行ガイドとの英語のコンタクトフレーズ

渡航先で現地の旅行ガイドを雇ったり、ツアーにガイドが同行するならば、最低限+αの意思疎通ができなければ意味がありません。そこで、知っていると便利な英語のコンタクトフレーズを幾つかご紹介します。

まずは火急な用件を伝えるフレーズから。トイレに行きたい場合はI have to go to the lavatoryと言いましょう。lavatoryの部分はもっと遠まわしな表現に変えても良いですが、重要なのはhave toを使うこと。トイレの我慢は非常事態にあたるためwould like toは不適切でwant toだと我がままな印象を与えてしまいます。体調不良を訴える場合はI have a headache(頭痛)、my stomach hurts(腹痛)、my tooth hurts(歯痛)、I feel sick(気分が悪い)が常套句です。体温は形容詞を付けずにtemperaturで良いので、熱が下がったならmy temperature became normal。

旅行ガイドが何を言ったか分からない場合はI’m lost。すまないけど分かるように言ってくださいの意味を込めるならI’m sorryを頭に付けると良いでしょう。心あるガイドなら恐縮してゆっくり言い直してくれます。ただし英語のsorryは形だけでなく責任を伴う謝罪を意味するので乱用はいけません。

許可を与えるフレーズはOKの他、go ahead(どうぞいらっしゃい)が一般的で、勿論や喜んでの意味を伝える場合はsureと言いましょう。不許可の場合はplease don’tだけで通じますが、まだダメの意味ならばnot yetと言ってください。

依頼は一般的なmay I?やplease tell me(教えて)、would you do me a favor(頼みごとがあるのですが)に加えて、君に任せるのit’s up to youが使えます。

励まし、慰め系のフレーズでは、it’s not your fault(君のせいじゃないよ)、it’s OK(大丈夫)。似た言い回しにthat’s OKがありますが、こちらは「あのことなら自分は気にしてないよ」と意味上の主語が変わるので注意して下さい。ゆっくりやっていいよはtake your time。準備ができたら知らせてはlet me knowです。

クレーム系のフレーズで覚えておくと良いのがdo you have a mind?。しばしば「すみません」と意訳されるこのフレーズは日本語にも同様の言い回しがあるので親近感を覚えます。

最後に注意を一つ。旅行ガイドに挨拶する際は必ず握手してください。できれば毎日するのが良いですが、最低でも自己紹介する時、it’s nice to meet youと同時に、好意の証しとしてきちんと握手するのが英語圏でのルールです。

投稿日:

旅行ガイドに英語でお願いごとのかんたんフレーズ

今からご紹介するお願いごとのフレーズを覚えてしまえば、いざという時に安心です。海外旅行での旅行ガイドさんは日本人ではないことも考えられるのでここで覚えちゃいましょう。
ガイドさんが日本語を話せる場合でも活用できます。英語がぺらぺらと話せなくてもこれで大丈夫です。さあ、声に出して読んでみましょう。まずは荷物が重い時です。荷物を運んで欲しい時に使うのがPlease carry this luggage. 次はオススメの観光地を聞く時に使うのがWere is the recommended tourist destination?集合の日時を確認をしたい時に使うのがPlease tell us the date and time of the set.体調が悪くなった時に使うのがPhysical condition is bad.何か相談がある時に使うのがIhave something to talk about with you.

物の値段を聞く時に使うのがHow much is it?場所の行き方を聞く時に使うのがOr should Ido if here?お腹が空いた時に使うのがIam hungry.お手洗いに行きたい時に使うのがI want go to barthroom.

待って欲しい時に使うのがPlease wait.駅やバスを利用する時に使うのがWere is the most convenient for you?帰国の際、ホテルまで車で迎えにくるかどうかの確認をする時に使うのがCould you come to pick me up?もっと詳しく話を聞きたい時に使うのがTell me more about it.日本語で何というかを聞きたい時に使うのがWhat do you call it in Japanese?他にオススメのツアーがあるかどうかを聞く時に使うのがAre there any other recommended tour?

何かを拒否する時に使うのがIdo not want to do.〜してくれないという表現をしたい時に使うのがNot me〜?そして最後にはありがとうと心を込めてお礼を言いましょう。ありがとうと言いたい時に使うのがThank youです。
上記にあげたフレーズさえ使いこなせるようになれば大丈夫です。暇があればぜひ声に出して練習してみましょう。そして最後に旅行ガイドさんとのコミュニケーションはとても重要です。現地で何かあった時に助けてくれるのが現地ガイドさんです。なので最低限のフレーズは覚えて意思疎通が取れるようにしておきましょう。

投稿日:

旅行ガイドを探す際の外せないポイント

旅行ガイドを探す時は英語が話せる点は外せません。世界の共通語なので、アメリカやイギリスだけでなくフランスや中国など様々な国で必要です。現地で言葉が通じないことは、旅行をつまらなくさせたり、トラブルに巻き込まれやすくなったりします。例えばお金を支払う時です。ホテルに滞在したり食事をとったりすれば、お金を支払うのは当然です。

しかし耳が日本語にしか慣れていないと、いくら払えば良いのか分かりません。「ハウマッチ」という質問文を流暢に話すことができても、リスニング力がなければ数字を把握できません。特に数字は1000や100などの単位が付くことで音が長くなりがちです。結局聞き取ることができず、大きなお金で支払ってお釣りをもらうことになります。それを繰り返すと小銭ばかりが貯まってしまい、その後の支払いが不便です。旅行ガイドがスピーキングとリスニングの両方をこなすことができれば、日本語で正しい金額を教えてもらえるので、日本で勘定する時と同じようにスムーズに行えます。また旅行先によっては日本人を狙った詐欺が横行していることもあります。

日本は先進国の一つで、その国民は裕福と考えられています。全ての日本人が裕福でなくても、旅行する余裕がある人はお金持ちと現地の人は見なすので、タクシーに乗っても遠回りをしてお金を多く取るなどの被害に遭いやすいです。英語が話せないと分かれば、何を言っても問題にはならないと考え、店員が横柄な態度を取ることもあります。言葉が通じる人が1人いるだけで、騙されやすい日本人ではなくなるので、旅行を安全に楽しむことができます。旅行ガイドを選ぶ時は、ネイティブでなくても問題ありません。

アメリカ人の4人に1人くらいはネイティブと比べると文法や発音が間違っているとされます。しかし彼らは積極的に話すことでコミニュケーションを取れています。ネイティブイングリッシュを扱うことができなくても、相手に伝えたいことを伝えられる人の方が良いです。また日本人はビジネス誌に載っているような難しい単語や文章を使いこなせる人材を優秀を捉えがちですが、実際のコミニュケーションに使われているのはシンプルな会話です。日本人が聞いても何となく言っていることが分かるような会話ができる人を選びます。その上で会話がしやすかったり信頼して任せられたりと、自分に合ったガイドかを確認することで海外旅行での貴重な体験を増やすことができます。