個人の海外旅行で旅行ガイドを依頼する

個人の海外旅行で旅行ガイドを依頼するのでしたら、信頼をできるルートでの依頼をする必要があります。英語と日本語の両方を、さくさくと話せるガイドを依頼して、楽しい海外への旅にすることです。ガイドの費用を安くしたい気持ちは、日本人なら誰でもあるでしょう。しかし平和大国である日本と、常に犯罪と隣り合わせの日本では、全く訳が違います。費用が安すぎるガイドを紹介してくれるシステムなどは、魅力を感じるかも知れないですが、余りにも費用が安いと、内容や人に関しても比例をする可能性が急激に上がるので、安いことだけにとらわれないようにしましょう。

日本はとても平和な国であるために、日本人は海外でも人をすぐに信じてしまう傾向があります。しかし海外で暮らす人たちは、常に危機管理能力を高く持って生活をしています。海外では日本のように、笑顔で感じよくニコニコするようなサービスは、ほとんどないのが普通です。日本ではお店やあらゆる施設で店員やスタッフに笑顔がなかったり、少しでも感じが良くないと思うと、すぐにクレームを出すでしょう。しかし海外では全く逆です。客よりも店員やスタッフの方が上という、日本では考えられないことが普通なのです。

お店に入っても店員が慌てて来てくれることはないですし、商品が壊れていても、それはスタッフのせいではないので謝りません。高級ブランドショップに入っても、笑顔で出てくるスタッフはいませんし、それが東洋人なら更に上から下まで舐めるようにジロジロ見られる始末です。でも高級品をたくさん購入したりすると、店員の態度はあからさまに変わります。海外で感じの良さや親切なサービスを求めるのは無理ですが、お金を出せば感じが良くなることはあります。

日本の常識は海外の常識ではなく、日本では些細なことでスタッフや店にクレームをつけていても、海外では全く問題ないことのほうが多いです。それどころか、いちいち態度の悪さに苛立っていたら、冷静に過ごすことができません。海外では店員たちの態度の悪さに苛立つよりも、自分の身を守ることに意識を向けないとならないのです。

日本にいると全く意識はしないでしょうが、海外ではスリは日常茶飯事にそこらへんにいます。地下鉄などはまさに宝庫であり、大人のスリだけではなく、ジプシーの子供のスリの集団もいますし、女性でも妊婦でもスリはいます。海外では常に周りを意識して過ごし、緊張感を持つ必要があります。