英語が堪能な旅行ガイドの探し方

英語が堪能な旅行ガイドの探し方は、外国人旅行者向けの観光ガイドサービスを利用することです。信用できない、知らないようなサイトにアクセスをして、すごく安い費用で旅行ガイドを個人で契約できるという、甘い誘惑には惑わされないことです。今ではネットがあるので、自由に世界の人ともつながることができます。それは素晴らしいことですが、ネット上でのコミュニケーションと、実際に会ってみた時の印象が違うことはよくあります。

ネット上の人格と言われるものがあるように、ネットではいくらでも良い印象を与えることができますが、本当のところはわかりません。だからネットで個人でガイドをするという人を、安易には信用してはならないのです。日本は余りにも守られていますので、人を信じやすい国民性もあります。しかし狭い日本を一歩出たらそこは海外であり、海外では日本のように常に信頼がもてる、サービスや環境が整っているわけではありません。

基本的には海外に行ったら、自分の身は自分で守りきらなくてはなりません。日本では一歩外に出たら、いきなり訴えられるようなトラブルになることは、まずない話でしょう。しかし海外では旅行であったとしても、訴えられるようなトラブルに遭遇をする確率は、かなり高くなります。海外では簡単に謝ることをしないのは、すぐに訴えられるというのが常識だからです。だからどの家庭にも、だいたいお抱え弁護士がいるので、何かあったら弁護士に相談をします。

日本では弁護士に相談をすること自体、一生のうちであるかどうかでしょう。でも海外では常にお世話になるものであり、外を歩くだけでも緊張感を外すことはできません。日本のようにスマートフォンを見ながら海外を歩きますと、高確率でスマートフォンは盗まれることになるでしょう。こっそりと盗むケースもあれば、堂々とバイクなどで温むパターンもあります。

バッグからお金を盗むのは得意なスリが多く、全く気がつかないうちに、チャックのしまったバッグからお財布を盗みます。数人のスリグループでのプレーは見事なものであり、とくに日本人は最高に良いカモになります。罰部のチャックは抑えるようにして、地下鉄に乗る時には抱えて持って歩くくらいではないと、日本人なら確実にスリのターゲットになるので要注意です。

海外は危険なこともありますが、楽しいことも多いですので、良い旅行ガイドを見つけて素敵な旅にすることです。”