旅行ガイドを探す際の外せないポイント

旅行ガイドを探す時は英語が話せる点は外せません。世界の共通語なので、アメリカやイギリスだけでなくフランスや中国など様々な国で必要です。現地で言葉が通じないことは、旅行をつまらなくさせたり、トラブルに巻き込まれやすくなったりします。例えばお金を支払う時です。ホテルに滞在したり食事をとったりすれば、お金を支払うのは当然です。

しかし耳が日本語にしか慣れていないと、いくら払えば良いのか分かりません。「ハウマッチ」という質問文を流暢に話すことができても、リスニング力がなければ数字を把握できません。特に数字は1000や100などの単位が付くことで音が長くなりがちです。結局聞き取ることができず、大きなお金で支払ってお釣りをもらうことになります。それを繰り返すと小銭ばかりが貯まってしまい、その後の支払いが不便です。旅行ガイドがスピーキングとリスニングの両方をこなすことができれば、日本語で正しい金額を教えてもらえるので、日本で勘定する時と同じようにスムーズに行えます。また旅行先によっては日本人を狙った詐欺が横行していることもあります。

日本は先進国の一つで、その国民は裕福と考えられています。全ての日本人が裕福でなくても、旅行する余裕がある人はお金持ちと現地の人は見なすので、タクシーに乗っても遠回りをしてお金を多く取るなどの被害に遭いやすいです。英語が話せないと分かれば、何を言っても問題にはならないと考え、店員が横柄な態度を取ることもあります。言葉が通じる人が1人いるだけで、騙されやすい日本人ではなくなるので、旅行を安全に楽しむことができます。旅行ガイドを選ぶ時は、ネイティブでなくても問題ありません。

アメリカ人の4人に1人くらいはネイティブと比べると文法や発音が間違っているとされます。しかし彼らは積極的に話すことでコミニュケーションを取れています。ネイティブイングリッシュを扱うことができなくても、相手に伝えたいことを伝えられる人の方が良いです。また日本人はビジネス誌に載っているような難しい単語や文章を使いこなせる人材を優秀を捉えがちですが、実際のコミニュケーションに使われているのはシンプルな会話です。日本人が聞いても何となく言っていることが分かるような会話ができる人を選びます。その上で会話がしやすかったり信頼して任せられたりと、自分に合ったガイドかを確認することで海外旅行での貴重な体験を増やすことができます。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です