0 Comments

旅行ガイドを英語版で手に入れて勉強して得られたメリットとは

私は英語の勉強をするときの参考書として旅行ガイドを選びました。旅行に行くのが好きでいつかは海外旅行に行ってみたいと思っていたので、実用性を重視して参考書にしたのです。その結果としてアメリカに旅行計画を立てたときにメリットが二つもありました。

アメリカ旅行に行きたいと考えて選んだ参考書は英語版の旅行ガイド

私が英語の勉強に使ったのは英語版の旅行ガイドでした。いつかはアメリカ旅行に行きたいと考えていたので、いかにして旅行計画を簡単に立てられるようにしながら現地での観光を気軽に楽しめるようにするかと悩んで出てきた結論です。旅行ガイドなら観光地に関する情報を学びながら、旅行をするのに必要な英語を広く学べると考えました。もともと英語はそれほど苦手ではなかったので辞書を片手に読み進めるのはそれほど苦ではなく、読み終えてみるとよく出てくる言葉についてはほとんど理解することができて自信を持つことができました。それで、その旅行ガイドを参考にしながらアメリカ旅行の計画を立てて出発することにしたのです。

現地の地名がよくわかったお陰で道に迷わずに行動できたのがメリット

旅行ガイドを参考書にして勉強してきたお陰で地名に強くなったのは旅行でとても役に立ちました。現地に到着してカタカナ名での地名はわかっていても、アルファベットになるとわからないということはよくあったのです。それでも英語版の旅行ガイドが手元にあって、どこに何が書いてある家は概ねわかっていたのですぐに辞書代わりに参照することができました。地図だけも地名はわかりますが、旅行ガイドだと一緒に周辺地域の情報も思い出せるので人に道を聞いたり、観光名所の情報を聞き出したりするのにも役に立ったのを覚えています。読み慣れている英語版の旅行ガイドが手元にあったお陰で道に迷わずに快適に観光を終えることができました。

現地での交通手段の予約と利用の役に立った英語版の旅行ガイド

アメリカ旅行に行って苦労したのは交通手段を予約したり利用したりすることでした。日本とは電車の乗り方も違うので間違ってしまってトラブルになるのではないかという懸念はありましたが、予め英語版の旅行ガイドを読んでいたので問題なかったのです。特急電車を予約するときにも旅行ガイドに書いてある電話番号にかけて、ガイドに書いてある通りの文を読めば予約手続きを進めることができました。乗り方についても写真付きで書いてあるのでその通りにすればトラブルなく乗ることができたのです。バスに乗ったときにも降りる場所がわからなかったのですが、マップを運転手に見せると降りる場所を教えてもらえました。このような形で現地での移動に重宝したのが旅行ガイドでした。